指輪選びのポイント

指輪選びをする時に、いったいどのようなポイントに注目すると良いのでしょうか。使われる宝石はダイヤモンドが主流となっていますが、ダイヤモンドと一口に言ってもグレードなどさまざまな種類があり、それによって値段や見た目などが大きく変化してきます。後悔しない婚約指輪選びをするためにも、ダイヤモンドの品質やリングのデザインなど、指輪選びのポイントとなるものを知っておきましょう。

ダイヤモンドの品質はカラット、カラー、クラリティ、カットの4種類で評価されます。カラット数が高くなればなるほど重量が大きくなり、カラーはDからZまでで評価されてDに近くなるほど無色となり、Zに近づくほど黄色くなっていきます。そしてクラリティは透明度を指していて、ダイヤモンドに傷があるかどうかで評価をしています。カットは研磨の事で、5つのランクに分けられて高くなるほどよりダイヤモンドが美しく見える研磨がされています。スムーズに指輪選びをするためには、ダイヤモンドをどうするかという点は必要不可欠ですので、最低限こういった評価の知識は持っておくと良いでしょう。

そして指輪選びのポイントは、宝石以外にもリングのデザインやサイドストーンをどうするかという点も含まれています。リングやサイドストーンはお店によって人気のデザインがありますから、もし悩んだ時には店員さんに相談をしてお店で人気のデザインを選ぶようにしてみてはどうでしょうか。もちろん値段との相談にもなりますから、きちんと自分の予算を告げてその中で選べるデザインを選ぶようにしましょう。